令和元年 第五回防具付全日本空手道選手権大会

令和元年7月28日(日)、令和初の全日本大会は首都・東京で行われました。

大分から東京までは遠いためか、勇武舘白虎會からの参加はありませんでした。

その分、自分は審判として頑張ります。

心配していた台風の影響もなく、熱戦の開幕です。型、組手共に高いレベルにあり、特に型試合では内心判定に悩むことが多々ありました。

それでも表情には出さず、毅然とした態度での判定を心がけました。

全日本大会を主管された八修会の皆さん、大変お疲れ様でした。初めての大会運営ということで大変だったと思います。

個人的には、来年の全日本大会では1人でも多くの選手を連れていけるように、自分の経験、行事等を積み上げ、門下生に自信を持てるような指導を心がけていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です